消費者金融系のカードローンは高金利だけど初心者にもおすすめ

currency-1020005_640

日本国内では昔からカードローンの審査基準についてランク分けがなされており、

  1. 銀行系
  2. 信販系
  3. 流通系

の順に審査が通りやすくなると言われています。

流通系よりもさらにローンの審査が通りやすいと言われる消費者金融ですが、果たして本当に基準が低く設定されているのでしょうか。言うまでもなく、消費者金融だからといって誰でも無条件にお金が借りられるわけではありません。

ただ、銀行系や信販系などと比較した場合申請基準が緩和されており、ローンが申し込みやすい、ということは事実であり、銀行系、信販系のカード審査に落ちてしまった人でもそのままの条件で審査に通過するケースもめずらしくありません。

かつては固定収入をもたない専業主婦や学生は高金利の金融業者からも門前払いされる傾向にありましたが、ここ数年は金融業者のほうも潜在顧客の囲い込みのため、従来であれば申請すらもできなかった主婦や学生、お年寄りなどにとっても気軽に借りられるように条件を緩和したり、無理のない返済システムを整備したりして利用の裾野を広げつつあります。

金融業者のこうした動きを受け、年間のローン申請件数のほうも増加をつづけ、トータルの借入額のほうも増えつづける傾向にあります。

金融業者の規制緩和については、「多重債務や自己破産件数を増やす」などの批判もありますが、一方で、気軽に借りられる金融業者の存在が社会的なセーフティネットとして機能している側面もあり、一定の社会的役割を果たしていると評価する声も少なくありません。

貸金業法のもとでコントロールされている金融業者は、たとえ銀行などよりも高金利であったとしても健全な金融業者といえます。

仮に、高金利の金融業者がすべて法的に規制され、低金利ながらも審査基準のきびしい金融業者しか認められなくなったとしたら、どうしても審査に通らなくなった人はやがて非合法な闇金を利用する以外になくなります。

法律を無視したところで暴利をむさぼるのが闇金の本質ですから、貸金業法で規制されているよりもはるかに高い金利で融資をつづけ、利用者は将来的に多重債務、自己破産へと追い込まれていきます。

事実、貸金業法改正以前の日本では闇金による違法金利が横行し、それでもお金を借りつづける利用者が自殺を選んでしまう、という悲劇が繰り返されていました。

貸金業法が改正されたことで金融業者への締め付けが強まり、年利が適正な範囲におさえられたことによって多重債務や自己破産による相談件数も減少しています。

初めての方でも安心・消費者金融の申込みと特徴

私たち一般消費者が、まとまった金額が必要な場合は、銀行や金融機関などのような融資を受けるケースが、一般的な方法として行われています。

しかし、借りたい資金が少額であった場合、このような融資でローンを組むことはまずありえません。

もちろん銀行などでも、比較的少額でのローンを受け付けていますが、ここで利用者にとってネックとなるのが、ローンに際しての審査が必要な点ではないでしょうか。消費者金融なら少額なら収入証明書不要で即日融資が可能です。

銀行などのローンは、比較的金利も高くない事から魅力的に映りますが、借り入れには審査のほかにも、使用目的なども厳密に記さなければなりません。

私たちが、必要なバッグや小物類を購入したい場合、銀行などの金融機関のローンはあまりにも敷居が高く、不向きなローンと言えるわけです。

そこで、消費者金融の出番となるわけですが、こうした金融業者では、申し込みに際して本人確認さえ取れれば、銀行などの金融機関と比べて審査が非常に緩く、どなたでも簡単に借り入れができるところにあります。

銀行などの融資の場合、正社員が条件である事が多く、勤務年数にも審査の基準がかかわっていることをご存じでしょう。しかし、金融業者のキャッシングでは、条件さえ整えば学生であっても主婦でも、その場で借り入れを行う事ができるのです。

また、最大のメリットは、借り入れの申し込みが完了すれば、すぐにでもキャッシングを行う事ができるところです。申し込み方法もいたって簡単で、任意の金融会社を選択し、申し込みを行うだけで済みます。

申し込み方法は、

  • 直接店舗に出向く方法
  • 郵送による申し込み方法
  • ウエブ上の会社ホームページから申し込む方法
  • 金融業者の専用自動契約機

など、様々な方法があります。

じかに、ご自分の顔を晒したくない場合などには、インターネットを利用したウエブサイトでのお申し込みや、自動契約機などを利用する事をお勧めします。

申し込みの際は、最低でも審査に30分から1時間程度かかるのが普通です。申し込みの際には、最低限本人が確認できる書類が必要となりますので、顔写真付きのパスポートや運転免許証などがあれば間違いありません。

健康保険証でも、可能な業者もありますが、追加書類が必要となる場合もありますので注意が必要でしょう。

こうしたキャッシング利用は、自分のライフワークに合わせて行うことができますので、利用者にとっても非常に都合が良いものです。

無利息で利用できる消費者金融って本当にあるの?

無料 喜ぶ 女性

利息なしで、お金を借りる事のできる金融業者がある。そんな夢物語のような、話を聞いても即座に信用できないのは、日本国内で生活を営む皆様であれば、至極当然の話でしょう。

もともと、金融業界では、他社あるいは企業に融資を行う事で利益を得ています。この、利益となるものが手数料であり、借入金額に応じた利子が金融会社にとっての利益であり、金利と呼ばれるものになります。

では、こうした利子の無用な借り入れの方法では、金融業務自体が成り立たないのでは、と思われるのも当然と言えるでしょう。

とても不思議なシステムですが、この利子のないキャッシングにはからくりがあり、無期限で利子が発生しないといったたぐいのものではありません。

原則として、こうした利子の発生しない金融業者では、利子の発生しない期間が一定期間定められています。いわゆる、金利業者にとって、利用者に多く使って頂く為のサービスの一環として、こうした利子の発生しない期間が定められているわけです。

少しうさんくさいようですが、これは各金融業者が公式に提供しているサービスですので、安全面について心配する必要は一切ないのです。

無利息で利用出来る消費者金融には、各社ある程度の共通システムが存在しています。基本的に、借り入れを行った月に関して、利子が発生しないといったシステムで、30日間利子なしというのが一般的に行われています。

ただし、必ずしもこのシステムが全く同じものではなく、30日間利子が発生しないパターンでは、借り入れの初日を起点として30日間利子が発生しないというものです。

つまり、月の途中であれば、その日から換算して 30日間ということになりますので、翌月までの 30日間が利子が発生しないという事になります。

金融業者によっては、1週間であれば何度も借りても、利子がないといったケースもありますので、必ずしも30日間利子がないといった事ではありません。

また、このサービスを提供する金融会社でも、上限を超えた金額については、利子が発生するといった場合もありますので、契約書に、記載されている注意事項の欄を、必ずチェックしておく必要があります。

契約書そのものは、細かい文字での記載事項が大変多く、利用者にとっても難しく面倒に感じるものですが、賢く利用していく為には、必ず注意事項を詳しく読み、自分自身で理解しておく必要があるわけです。

無人契約機でキャッシングを申し込んだ場合のメリットとデメリット

2

街を歩いていても見かけることの多くなった消費者金融の無人契約機

「端末から短時間でカードを発行できる」というメリットが注目され、全国的に一気に広がりましたが、申請にあたってはいくつかの注意点があり、デメリットのほうもきちんと認識したうえでキャッシングを利用する必要があります。

無人契約機には書類をスキャンしてデータ化する機能がそなわっていますので、わざわざあらかじめ必要書類のコピーを用意しておく必要もありません。

金融業者によって自動契約機の対応時間が異なっていますので、事前に契約機を利用できる時間をチェックしておくようにしましょう。

自動契約機の普及によって、「お金を借りる」ということへの心理的抵抗はよりいっそう下がりつつあります。

やはり、金融機関の窓口での対面方式によってカードを申請するのと自動契約機による申請ではユーザーにとってのハードルが大きく違い、事実、自動契約機が本格導入されて以降は消費者金融の利用者の総数も飛躍的に上昇していると言われています。

金融業者から見れば長年の企業努力が実っているとも言えますが、その反面、あまりにも気軽に借りられるために多重債務の危険性が増大しつつある、という見方も成り立ちます。

複数の消費者金融からすでにお金を借りている方におすすめなのがおまとめローンです。

「より低金利な新しいローンによって現在の債務を返済する」というのがおまとめローンの基本的な考え方であり、A社、B社、C社3つの業者から借り入れたローンはDという新たな金融機関からの借金に一本化されることになります。

おまとめローンの申請者はまず、金利の低い金融機関から融資を受け、もともとの債務をすべて返済します。 そのうえで、一本化したローンを長期的な返済していくのが一般的な傾向です。

高金利の金融機関から長期間にわたりお金を借り、利息の返済だけで困っているという方は一度、おまとめローンで債務を一本化することをお勧めします。

複数の金融会社からお金を借りると、業者ごとに異なる返済期日が設定され、返済スケジュールの管理がどうしても煩雑になりますが、おまとめローンでは返済日が月1日となるため、ついつい返済日を忘れてしまう、ということもありません。

また、債務整理とは異なり、クレジットカードやカードローンに関する信用情報は傷つくことはないので、生活への影響を最小限に抑えながら債務を合理化することができます。